紫外線−敏感肌対策情報局!
敏感肌対策情報局
紫外線


 紫外線にあたっていると、大半の人が日焼けをしますが、中には紫外線によってやけどのような状態(水ぶくれ)ができてしまう人もいます。

 敏感肌の人は、紫外線という刺激に対しても肌トラブルを起こしてしまいがちです。
 そのため、日頃からのケアがとっても大事になってきます。
 このケアは夏の時期や日差しの強い時間帯だけにすればいいのかというと、そういうことはではなく年間を通じて紫外線対策をする必要があります。

 なぜかというと、紫外線は年中降り注がれていますし、室内にいても窓ガラスを通って紫外線は部屋の中に入ってきているからです。

 では、対策としてはどのようなものがいいのでしょう。
 敏感肌の人の場合、高い数値をしようしてしまうとそれだけでトラブルの原因となってしまいますので、普段は、SPF10〜20・PA+〜++を用いて、旅行や プールなどでは、SPF20〜40・PA++〜+++くらいを使用するのがいいでしょう。

 また、汗によって流れてしまい効果がなくなっていきますので、2・3時間おきの付け直しが効果的でしょう。
 そして、洗い流すときはしっかりとやさしくを心がけてください。


HOMEへ戻る

Copyright(C) 2007
敏感肌対策情報局
All Rights Reserved.